フィジカルBとアスミールの違い

フィジカルBとアスミールの違い

 

フィジカルBがアスミールより優れている所は、

  • 栄養量
  • 牛乳に混ぜなくて良い
  • 全額返金保証が付いている

この3点です。

 

アスミールより含まれる栄養が多い

 

例を挙げるとフィジカルBの公式サイトを見ると、以下のように書かれています。

 

比べると、フィジカルBが1日の目安の9割以上が含まれているのに対し、アスミールは1日の目安量の7〜8割程度しか含まれていないのがわかると思います。

 

まぁ個人的には、ほんのわずかの違いなのですが、フィジカルBの方が、栄養量が多いのは事実ですよ(^^)

 

牛乳に混ぜなくて良い

 

例を挙げるとアスミールにしろミロにしろ、牛乳に混ぜてお子様に飲ませます。

 

ただ事情によっては、お子様に牛乳を飲ませたくない・飲ませられない時もありますよね。

 

その点、フィジカルBは水に溶かして飲ませるので、安心ですよ(^^)

 

全額返金保証が付いている

 

全額返金保証がついているのも、アスミールには無いポイントです(^^)

 

まぁこの手のサプリは最低3ヶ月は飲まないと変化は感じられないのですが、万が一体に合わなかった時の事を考えると、うれしいサポートではあります。

 

対するアスミールの良いところは、

  • 値段が安い
  • 1歳から飲める

ですね(^^)

 

値段が安い

 

アスミールとフィジカルBの栄養量は、先ほどご紹介したようにそんなに違いません。

 

では、値段はどれくらい違うのかというと…。

 

アスミール:3700円

 

フィジカルB:4980円

 

とまぁ、1300円ほど違います。

 

まぁ、そんなに変わりませんけどね(^。^;)

 

一応、アスミールの方が値段は安いです。

 

1歳から飲める

 

これは実際に私が問い合わせてみたのですが、フィジカルBが7歳以上からしか飲めないのに対し、アスミールは1歳から飲めます。

 

つまり小学生以下のお子様は、自動的にアスミールしか無いという事です。

 

まとめると…

 

フィジカルBとアスミールの特徴をまとめると、以下のようになります。

 

フィジカルB

 

栄養量が少し多い

 

牛乳に混ぜなくて良い

 

全額返金保証がついている

 

アスミール

 

値段が月々1300円ほど安い

 

1歳からでも飲める

 

どうでしょう。

 

 【詐欺】フィジカルBの口コミと効果|高校生は伸びない!?

 

page top